靴底についたカビ胞子

つゆの時期はどうしてもカビが出てしまいます。この時期は、特にそうですが家のあちらこちらでカビを見つけるでしょう。カビ対策と言うのは常にしておかなければなりませんね。家の中で、あちらこちらにカビが発生する事を防止するには、家のどこにカビ胞子が多く存在しているのかを知ることが大切です。カビ胞子は移動します。それから新たなカビを発生させます。そんなことで、この胞子を退治しないとカビ防止と言う事にはならないと言います。~と言うことは、胞子が多くある所をきちんと防止策を施せば、カビが家の中には広がらないと言えます。家の中でカビ胞子が沢山ある所、そこはこだと思いますか!?お風呂ばですかね?どうしても、カビが多い=水周りというイメージがあります。しかし、それは違います。実は、カビ胞子が一番に存在する場所と言うのは玄関になります。(汗)(汗)それでは、水もない玄関に、どうしてカビが存在するのでしょう!?実は、玄関に持ち込まれる土に原因があると言います。ご存知の方もいるかもしれませんが、冷蔵庫の中にはえるカビと言うのは、野菜などについた土が原因と言うことですね。(汗)土の中のカビ胞子が、冷蔵庫内で繁殖します。そう言う話があります。また、ドアを開けたままにすると、土ぼこりなどで一緒にカビ胞子も入ってきます。(汗)