FXでスイングトレードと言われている取引方法は?

FXでスイングトレードと呼ばれている方法は約2日から10日の期間で持ち高を保有するスタイルのことです。
スキャルピングやデイトレードの場合には基本的にポジションを持ち越さないので、スワップポイントの受け取りを目的としませんが、スイングトレードのケースでは、何日間かポジションを持ち続けるので、貰えます。
外国為替証拠金取引は少ない金額から開始する事ができ、レバレッジを機能させれば実際に預けている証拠金の何倍ものトレードができるので、スタートする前の期待感はかなり高いと思います。
ただし、その分、リスクも同じくらい高いことを決して忘れないようにしたいものです。
FX投資で稼いだ利益には税金がいくらかかるのでしょうか?FX投資によって得られた利益は税制上、「雑所得」扱いとなります。
一年間の雑所得の合計が20万円以下に当てはまる場合は、税金がかかることはありません。
しかし、雑所得の合計が20万円以上になる場合には、確定申告のお手続きをすることになります。
税金を支払われない場合は脱税となりますので、注意してください。