ミルク用の水比較ガイド

ウォーターダイレクトの水は、ミルク用の水に使っても大丈夫?

株式会社ウォーターダイレクトでは、ウォーターサーバーである『クリティア』をレンタルしての水の宅配サービスを提供しています。
水は富士山の地下から採水されていて、バナジウムが豊富に含まれています。

 

バナジウムは糖尿病に効果が期待されるということで、近年注目が集まっている成分です。
また、原水が高品質であることから、加熱処理などは行わずに商品化されています。

 

飲料水については通常加熱処理をしなければならないのですが、徹底的な品質管理によって安全性が認められていることから非加熱処理という形が実現し、自然のままの栄養素が水に残っているのです。
ミネラルウォーターをミルク用の水として使うには慎重な判断をしなければならないのですが、ウォーターダイレクト社では硬度が25という軟水を提供しています。

 

ミルクの栄養バランスを阻害することもありませんので、ミルク用の水として使用することができるほか、離乳食を調理するときにも安心して使用することができます。
日本の水は軟水であり口当たりも良いということから、世界的にも安全においしく飲むことができるとして知られています。

 

ウォーターダイレクトでも自然に近いミネラルウォーターが提供されているということで、高く評価されています。
ボトルは「使いきり」となるワンウェイシステムになっていますので、製品の清潔性や安全性についても信頼することができます。

 

環境ホルモンを発生させにくい素材でできているボトルは、水を使用していくにつれてしぼんでいきます。
ボトルの中の水が空気に触れないようになっていますので、雑菌やカビの発生が抑えられます。