ミルク用の水比較ガイド

ミルク用の水に、RO水を使っても大丈夫?

赤ちゃんのミルク用の水として、RO水は理想的です。
RO水は、アメリカのNASAが開発した『RO逆浸透膜方式』の浄水器によってろ過された水のことです。

 

RO逆浸透膜方式は、海水であっても飲用水にすることができるというものです。
特殊な技術によって放射性物質や残留農薬、重金属、ウイルスなどの不純物をろ過し、取り除くことができます。

 

一般的な浄水器と比較しても性能が格段に高く、RO逆浸透膜方式によってろ過された水は非常に安全であるということができます。
開発された当初は繊細な半導体の洗浄、人工透析をはじめとした医療現場での用途で利用されていましたが、その後飲料水やお酒の原水などとしても使用されるようになりました。

 

身体に害を及ぼす危険性のある不純物が一切含まれていませんので安全性が高く、美容や健康に気を遣う方にとっても理想的な水となっています。
さらに浸透性や溶解性、熱伝導性などが高いためコーヒー、昆布や椎茸の出汁取り、炊飯などにも適しています。

 

ミネラル分の含有量が低い水道水をろ過したRO水は、赤ちゃんのミルク用の水としてもさらに安心して使用することができます。
実際にRO水を使用するためには、ウォーターサーバーをする形になります。

 

サーバーは業者からレンタルする必要がありますので、費用は通常のミネラルウォーターを購入する場合と比べるとやや高めになりますが、赤ちゃんのミルク用の水として安全な水を手に入れることができます。