ミルク用の水比較ガイド

ミルク用の水はいくらぐらいするの?

ミルク用の水としてもっとも適しているのは、純水であるピュアウォーターです。
粉ミルク製品は水道水でつくることを想定していますので、水道水でももちろん問題はありません。

 

また、ミネラルウォーターでミルクをつくっても問題はありませんが、硬水ではなく軟水を使うようにしましょう。
硬水にはミネラル分が豊富に含まれていて、硬度の高いミネラルウォーターですと飲んだときには「重い」という印象もあります。

 

ミルクには赤ちゃんにとって最適になるように栄養成分が整えられていますので、硬水のミネラルウォーターを使うと赤ちゃんが栄養を摂り過ぎてしまうことになります。
そのため、ミルク用の水としては硬水を避けることが望ましいのです。

 

水道水、ピュアウォーター、軟水のミネラルウォーターが選択肢となりますが、価格としては水道水ですと徴収される水道料金ということになります。
水にこだわるという場合には商品を扱っているメーカーも多く、一概に価格をいうことにも難しさがあります。

 

市販の水を購入する場合、水の宅配サービスを利用する場合によっても異なります。
ペットボトルなどで販売されている水を購入する場合はコンビニエンスストアやスーパーマーケットのほか、インターネット通販を利用することもできます。

 

軟水のミネラルウォーターについては、安ければ2リットル入りで100円以下のものもあります。
逆に高いものですと、500ml入りで1,000円以上になるものもあります。

 

ただ、ミネラルウォーターを普段から使っていると、費用はかなりのものになります。
業者と契約してウォーターサーバーを設置し、定期的に水を購入する場合は、水代以外の費用がかからないというケースが多くなっています。